印刷の種類

印刷の種類

スクリーン印刷

スクリーン印刷とは孔版(こうはん)印刷といわれる、
穴の開いた班を使用してインクを擦り付ける印刷方式の一種です。

以前はスクリーンに絹を使っていたため、シルクスクリーン印刷と呼ばれていました。

現在ではナイロン・テトロンなどの繊維、あるいはステンレスの針金などで織ったスクリーンを使用するので、単にスクリーン印刷と呼ぶことが多いです。

具体的な手順は、まず、スクリーンを枠に張って固定し、
その上に手作業または写真的方法で膜を作って、必要な絵柄以外の場所を塞ぎ版を作ります。

次に、枠内にインクを流し、スキージ(ゴムヘラのようなもの)で
スクリーンを押し付けながら移動します。

すると、膜のない部分のスクリーン目を透過したインクは、
下に置かれた被印刷物に転写される、という仕組みです。

印刷できる素材は、紙はもちろん、ガラス・プラスチック・合成樹脂・金属・布など幅広く、
また、平面だけでなく、曲面にも印刷が出来るので、
身の回りのあらゆるものに利用されています。

スクリーン印刷

スクリーン印刷とは孔版
(こうはん)印刷といわれる、
穴の開いた班を使用してインクを
擦り付ける印刷方式の一種です。

以前はスクリーンに
絹を使っていたため、
シルクスクリーン印刷と
呼ばれていました。

現在ではナイロン・テトロンなどの
繊維、あるいはステンレスの針金などで
織ったスクリーンを使用するので、
単にスクリーン印刷と呼ぶことが
多いです。

具体的な手順は、
まず、スクリーンを枠に張って固定し、
その上に手作業または写真的方法で
膜を作って、必要な絵柄以外の
場所を塞ぎ版を作ります。

次に、枠内にインクを流し、
スキージ(ゴムヘラのようなもの)で
スクリーンを押し付けながら
移動します。

すると、膜のない部分の
スクリーン目を透過したインクは、
下に置かれた被印刷物に転写される、
という仕組みです。

印刷できる素材は、紙はもちろん、
ガラス・プラスチック・合成樹脂・
金属・布など幅広く、
また、平面だけでなく、曲面にも印刷が
出来るので、
身の回りのあらゆるものに
利用されています。

パッド印刷

パッド印刷とは、凹版を使用して
版上のインキを弾力のあるシリコンパッドに一次転写し、
被印刷物に二次転写を行なう印刷方法です。

商品の大きさや形状によって様々なシリコンパッドを使い分けます。

シリコンパッドに弾力があるため、
曲面への印刷や凸凹部のある製品への印刷も出来ます。

販促品として人気の高いボールペン、シャープペン、タンブラーなどの、印刷面積が小さいものにはパッド印刷が多く使われます。

小さい文字や細かい線を表現しやすい印刷方法です。

パッド印刷

パッド印刷とは、凹版を使用して
版上のインキを弾力のある
シリコンパッドに一次転写し、
被印刷物に二次転写を行なう
印刷方法です。

商品の大きさや形状によって
様々なシリコンパッドを
使い分けます。

シリコンパッドに弾力があるため、
曲面への印刷や凸凹部のある
製品への印刷も出来ます。

販促品として人気の高いボールペン、
シャープペン、タンブラーなどの、
印刷面積が小さいものには
パッド印刷が多く使われます。

小さい文字や細かい線を
表現しやすい印刷方法です。

ホットスタンプ

ホットスタンプとは、金属などのコーティング層を形成して作られる
ホットスタンプ箔を利用し、
加圧・加熱によって金属調の文字、絵柄などを非転写物に転写する
熱転写技術です。

革やPPなど、普通の印刷が難しい素材にも対応出来る印刷方法です。

容易に金箔や銀箔が貼れるので、高級商品のラベルやエンブレムに多く利用されます。

ホットスタンプ

ホットスタンプとは、
金属などのコーティング層を
形成して作られる
ホットスタンプ箔を利用し、
加圧・加熱によって金属調の文字、
絵柄などを非転写物に転写する
熱転写技術です。

革やPPなど、
普通の印刷が難しい素材にも
対応出来る印刷方法です。

容易に金箔や銀箔が貼れるので、
高級商品のラベルや
エンブレムに多く利用されます。

Information

株式会社 SGR

 Tel 075-632-8323 / Fax 075-632-8324

  〒612-8381 京都府京都市伏見区下鳥羽葭田町130